施設入所支援 太陽の丘

目的

18歳以上の知的障がい者、各々が持つ能力や適性に合わせた日常生活・社会生活を送っていけるように支援していくとともに社会的自立を目標とします。

支援(サービス)の基本方針

社会福祉法人あおい会の経営理念に則り、「利用者さんの生命・諸権利を保障」し、なおかつ一人一人の個性を尊重した利用者さんが安心・安全に生き生きと楽しい生活が送れる高品質で多様なサービスを提供し、施設らしさを感じさせない家庭的なサービス提供を基本とします。

事業所について(所在地、利用対象者、職員体制)

所在地・連絡先

所在地 〒640-1162 和歌山県海南市上谷777-1
TEL 073-487-4352
073-487-4148
FAX 073-487-4843

利用対象者

知的障がい者(療育手帳をお持ちの方)の方で、18歳以上

ご利用いただくには「障害福祉サービス受給者証」が必要です。
また、法律で定められた一定の条件があります。

利用定員

70名

職員体制

施設長1名・生活支援員26名・事務員1名
調理員6名栄養士1名・看護師1名・嘱託医1名

サービス内容

種類 内容
食事 利用者の能力を活用し、適切な方法で食事の自立に向けた支援を行います。
排泄 利用者の状況に応じて適切な排泄援助を行うとともに、排泄の自立に向けた適切な支援を行います。
入浴 sun-01.jpg入浴を行います。ただし、利用者の体調の状況に合わせて、困難な場合は清拭となる場合があります。
※設備点検・修繕等により、入浴できない場合があります。
睡眠 快適で安眠の出来る環境を整えます。
着脱衣 生活のリズムを整え、毎日の着替えを行い清潔保持に努めます。
整容(歯磨き・洗面含む) 個性に配慮し、適切な整容が行われるよう援助します。
シーツは週1回、布団は年1回交換します。
移動 個々のニーズや身体的状況等を配慮し援助します。
相談及び援助 当施設は、利用者及びその家族からのいかなる相談についても誠意を持って応じ、可能な限り必要な援助を行うように努めます。
日中活動の支援 自立の支援と日常生活の充実に資するよう、入所者の心身の状況に応じて支援します。
入所者が日常生活における適切な習慣を確立するとともに、社会生活への適応性を高めるようあらゆる機会を通じて支援します。
社会経済活動に参加できるようにするため心身の状況に応じて支援します。
入所者が自立して社会生活を営むことができるよう、作業活動を行います。
社会活動の支援 地域活動諸行事等への交流・参加の支援をします。
余暇活動の支援 将来、地域において潤いのある質の高い生活を送ることができるための支援をします。

活動内容

リサイクル活動

空き缶及び古紙リサイクル作業、園内緑化活動、体操、紙芝居、DVD鑑賞を通じ、個々が役割をもって活動に取り組み、各自にやりがいを持ってもらい意欲的に活動に参加して頂いています。活動を通じ生活全般の潤いになるよう役割を持つことで、達成感・充実感を持てるような支援を提供しています。

レクリエーション

余暇活動支援

プロ野球観戦・吉本新喜劇観劇・コンサート等利用者さんの希望を取り入れ出来るだけ多くの方の希望が叶えられるように取り組んでいます。

買物外出支援

月平均7回程度、1グループ4名ほどで外出に出かけています。一人一人の個性を尊重して個々が選んで購入したり食事を摂れるよう取り組んでいます。

事業所の様子

準備です。

行事予定

年間行事(平成30年)

2月 懇談会
3月 総合防災訓練、普通救命講習会
4月 太陽の丘祭り
泊旅行1班「神戸・有馬温泉」
5月 春季帰省
泊旅行2班「淡路島・洲本」
6月 泊旅行3班「和歌浦 萬波」
7月 夏祭り
8月 夏季帰省
プロ野球観戦(京セラドーム)
吉本新喜劇(和歌山市民会館)
9月 泊旅行4班「和歌浦 萬波」
10月 日帰り旅行1班「すさみ」
日帰り旅行2班「天保山・海遊館」
秋季野外食会(保護者会合同)
11月 日帰り旅行3班「明石」
12月 第14回和歌山県ゆうあいスポーツフェスタ
クリスマスパーティー
冬季帰省